チャレンジできないあなたへ【結論:本田圭佑マインドを持とう】

mental

「挑戦が怖くてできない」

「失敗したらどうしよう」

「なんて思われるか不安だ」

こんな悩みを持っている方って少なくないと思います。

プロサッカー選手の本田圭佑選手は、”ネガティブな考えをポジティブな考えに持っていけるかどうか“がチャレンジ成功の鍵と言っています。

この記事では、ポジティブな思考にするための具体的な考え方を紹介していきます。

世界的に活躍している選手のマインドとはどのようなものなのか?

チャレンジしたいのに悩んでいる方や行動にストップがかかっている人にとって興味深い記事になっています。

本田圭佑選手 経歴

まず、日本サッカー界のレジェンドの1人となった本田圭佑選手の経歴を見てみましょう。

・大阪府摂津市出身
・小学2年生からサッカーを始める
・ガンバ大阪ジュニアユースに進む
・石川県星稜高校に進学(ガンバ大阪ユースには昇格できず)
 高校3年時、高校サッカー選手権で石川県勢初のベスト4進出
・2005年、名古屋グランパスでプロデビュー(高卒ルーキーで開幕スタメン、アシスト記録)
・2008年、オランダリーグVVVフェンロへ移籍(2部へ降格)
・キャプテンとしてオランダ2部リーグ優勝、1部昇格、年間最優秀選手受賞。
・2010年、ロシアリーグCSKAモスクワへ移籍
 UEFAチャンピオンズリーグで日本人初のベスト8進出
・2013年、イタリアセリエA、ACミランへ移籍(ビッグクラブでの背番号10)
・2017年、メキシコリーグ、パチューカへ移籍
・2018年、オーストラリアリーグ、メルボルンビクトリーへ移籍
・2019年、オランダリーグ、フィテッセへ移籍
・2020年、ブラジルリーグ、ボタフォゴへ移籍
日本代表98試合出場、37得点
ワールドカップ3大会出場、3大会連続ゴール

と言った感じで、まだまだ書き足りませんが一言でいうと【すごい】ですね!

サッカー選手の他にも、サッカークラブ経営者、実業家、サッカーカンボジア代表監督と幅広く活動している事でも有名です。

プロのサッカー選手をやりながら、なぜここまでの幅広い活躍ができるのか?

どこからそのパワーがみなぎっているのか?

深掘りしてみたいと思います。

本田圭佑マインド

本田圭佑選手の考え方を紹介します。

チャレンジへのヒントがかなりあるのではないかと思います。

「僕、小学校の頃から世界一って言ってたんですよ」

将来の夢

本田圭佑

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいというよりなる。

世界一になるには世界一練習しないとダメだ。

だから今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって必ず世界一になる。

そして世界一になったら大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になってぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。そしてレギュラーになって10番で活躍します。一年間の給料は40億円はほしいです。プーマと契約してスパイクやジャンバーを作り、世界中の人がこのぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢見ている。

一方、世界中のみんなが注目し世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし、2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ世界の強ごうをうまくかわし、いいパスを出し合って得点を入れることがぼくの夢です。

gore.meより引用

小学生でここまでイメージできるのってすごいですよね。

(自分の子供がここまで言えたらすごいなあ)

何よりもすごいのは、この夢の中のことを実現できていることだと思います。

そこには相当な練習、努力、自分への自信ということが言えるのではないかと思います。

チャンスはみんな平等にあります。一歩踏み出して見ましょう。

おすすめの過去記事貼っておきます。

【人生の成功とは】橋本徹氏から学んだ結論:完全燃焼して人生を終える
「人生の成功って何」という想いを持っている方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、橋本徹氏から学んだ「人生の成功とは・・・完全燃焼して人生を終える」という部分をメインに書いています。とても共感できる内容でしたのでシェアしていきたいと思います。

「失敗、挫折した数は唯一の自慢。挑戦した数=自信」

一見、素晴らしいサッカー人生を送っているように見えますが、色々な失敗と挫折を繰り返してきたようです。

ガンバ大阪ユースに昇格できなかったというのも有名な話ですし、プロになってからも、プレーがうまくいかないと「ビッグマウス」など批判されることは少なくありませんでした。

サッカーの批評がかなり辛口のイタリアリーグでは、ACミランというビッグクラブの10番を背負っていたこともあり、批判されていた試合の方が多いのではというくらいの評価でした。当然、プロの世界ですからそれが当たり前なのですが、当時の批判ぶりは相当ストレスを感じていたのではないかと思います。

でも、本田圭佑選手のメンタルは本当に素晴らしく、失敗を失敗と捉えず、挑戦した数が自信、成長になると発言されています。

他にも

「成功にとらわれるな。成長にとらわれろ」

など、自分自身の成長のために行動しています。

なかなか挑戦ができないあなたも成功ではなく成長に目を向けてみるのも良いかもしれません!

そうすることにより、”人の目”というのは段々と気にならなくなってくるのではと思います。

「勝負を決めるのは準備」

何をするにしても準備が不可欠だなと思うことは多々あるのではないでしょうか?

本田圭佑選手はこう発言しています。

「勝負を決めるのは準備。なかでも気持ちの準備以上のものはないと思う」

まさにその通りだなと思います。

技術や体力など、ほとんど実力差がない戦いで何が勝敗を分けるのか?

やはり、本田選手が言うように『気持ち』の部分が大きいと言えるのではないかと思います。

これは、アスリートだけではなく、皆さんにも当てはまるのではないかとも言えますよね。

「自分には目標は達成できない」「自分には能力がない」

こう思ってしまっている時点で勝負は決まってしまうかもしれません。

心の準備をすることを『レディネス』と言います。

大事なのは、大事な本番、大会、試験などで力を発揮する方法は心の準備(レディネス)が必要不可欠だと言うことです。

本田選手は自分のことを「下手くそだ」と言っていました。

でも素晴らしい結果を残せているのは心の準備を誰よりもしているからなのかもしれませんね。

緊張したりした時や心の準備についての過去記事です。

【緊張の緩和】パフォーマンスUP間違いなしのマインドセット3選
緊張とは誰でもするものであり、適度な緊張感は集中力を上昇させます。この記事では、緊張を緩和し、良い緊張感でパフォーマンスをUPさせる3つの方法をお伝えしていきます。



まとめ

本田圭佑選手のマインドについて書きました。

チャレンジすることに自信がなく、不安だったあなたが一歩前に進めるきっかけになればと思っています。

もしも、成長の途中で不安な気持ちになった時はこの記事を読み返して欲しいと思います。

自分の人生をつくるのは他でもない自分自身です。

しんどい時は成長している証です。

自分の成長のため、どんどんチャレンジし、やって良かったと言えるような人生にしていきましょう。

読者の皆さん、心から応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました