【本番に弱い人必見!】メンタルを強化し最大限のパフォーマンスを発揮する方法

mental
少年
少年

最近、テストやスポーツで失敗ばかり。本番に弱いです。

どうしたらメンタル強くなれますか?

今回は、こういった疑問に対して【メンタルタフネス】という本をもとにお答えしていきます。

著者:ジム・レーヤー博士(スポーツ心理学権威)

✔️この記事でわかること

・本番に弱い人必見!メンタルを強くするにはどうすべきか?
・メンタルについてのQ&A

メンタルについて正しく理解することがやる気&パフォーマンスUPに繋がっていきます。

それでは見ていきましょう。

本番に弱い人必見!メンタルを強くするにはどうすべきか?

メンタルが強い=根性がある

ということを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

確かに根性はあった方がいいとは思いますが・・・

冷静に考えてみると根性だけで解決できることって限られてますよね。

ではメンタルが強いというのはどういう事なのでしょうか?

✔️メンタルが強いと言われる人の特徴

・自分の強みと弱みを理解している
・心のエクササイズをしている

どういうことなのか1つずつ見ていきましょう。

自分の強みと弱みを理解する

例えば、トップアスリート選手は自分の強みと弱みを知り尽くしているので、自分の弱みを延々と語れるそうです。

それは、弱みを他人に話したところで自分の価値は変わらないと思っているからです。

『弱みを語れる』

これこそが強みになっていますよね。

逆に本番に弱いと言う人は、どこが自分の強みでどこが自分の弱みなのか理解できていないケースが多いようです。

本番に弱い=メンタルの準備不足(自己理解)→スキルの練習(オーバートレーニング)→ケガにつながる

本番に弱い人は、自己理解が足りないため、焦りからスキルの練習ばかりしてしまい、オーバートレーニングでケガに繋がってしまいます。

ヤタベ
ヤタベ

確かに本番でうまくいかない時って、「もっと練習しなきゃ」ってなりますよね。

タフネス先生
タフネス先生

そういう気持ちもわかるけど、焦って練習ばかりしているとケガしてしまうよ。大事なのはなぜうまくいかなかったのか整理することだよ。(自分の強みと弱みを整理する)

メンタルを強くする方法の1つとして、『自分の強みと弱みを理解する』と言うところから始めてみましょう。

心のエクササイズをする

エクササイズと聞くと筋トレだったり、エアロビクスなどの有酸素運動を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

メンタルを強くしていくには、身体のエクササイズを必要とするのと同様に、心のエクササイズが必要になってきます。

特に日本人の多くは、身体のエクササイズは行うものの、心のエクササイズについては取り組んでいない傾向(根性で全て解決しようとする)があります。

少年
少年

心のエクササイズってなんですか?

タフネス先生
タフネス先生

はい。心のエクササイズとは、ストレスと回復のバランスをとると言うことです。

ストレスは誰にでもありますよね。

自分のストレスに耳を傾け、そのストレスに対してしっかり回復を行っていく。

これが心のエクササイズになります。

✔️メンタルタフネスより”ストレスと回復について”

1.アンダートレーニング
軽い心のストレス。少し退屈で低いエネルギーしかなく、低い回復の必要性しかない

2.維持ストレス
理想的な心理状態。通常なエネルギー消費がもっとも楽な状態。ポジティブでバランスに優れている。

3.タフになるストレス
チャレンジで不快。でも穏やかで順応できる。強い回復が必要。

4.オーバートレーニング
痛みを引き起こす(ケガ)。即座にリカバリーが必要。痛みは心理的にもきつい。疲労、憂鬱、恐怖、怒り、無力など。

5.部分的なリカバリー
大きな安堵感はあるが、高ストレスでは睡眠などの回復が働かない状態。

6.十分なリカバリー
十分な回復。肉体、感情的に冷静。リラックス、安堵感、休息が多く満たされている状態。

自分のメンタルがどの状態にいるのか把握してみましょう。

例えば(1)のアンダートレーニング状態であれば、メンタルに負荷がかかっていないので肉体的にトレーニング(筋トレなど)を行い、ストレスを加えます。

その後、しっかり回復を行うことで(2)の維持ストレス状態に持っていくことができればポジティブでバランスのとれたメンタルになります。

その状態が最高のパフォーマンスを発揮するメンタルです。

ヤタベ
ヤタベ

なるほど。

心もエクササイズできるのか!

それがパフォーマンスUPにつながるなんてすごい。

これがわかっているのとそうでないのでは全然違いますね。

メンタルについてのQ&A

ここからは、タフネス先生に質問を聞いていきたいと思います。

ヤタベ
ヤタベ

生きることにおいてストレスと回復は必要ということですか?

タフネス先生
タフネス先生

そうですね。エネルギー消費がストレス、エネルギー獲得が回復になります。バランスが必要です。多すぎるストレスや、多すぎる回復は成果や幸福、健康が減少してしまいます。

ヤタベ
ヤタベ

次の質問です。

どのようにしたらメンタルが強くなりますか?

タフネス先生
タフネス先生

はい。ストレスが増えることに反応することで強くなります。要は、効果的にストレスに対処(乗り越える)することがメンタルを強くする要因になります。

ヤタベ
ヤタベ

次の質問です。

メンタルが弱くなるのはどういうときですか?

メンタルが弱くなるのは、あまりに少ないストレスと、あまりに多いストレスのどちらかがあるときです。

ヤタベ
ヤタベ

回復はどのくらい重要ですか?

タフネス先生
タフネス先生

回復はかなり重要です。

回復の量と質は高ストレスに対して必須です。

睡眠、栄養、休息がオーバートレーニングを避けるための基本です。

ヤタベ
ヤタベ

最後の質問です。

人生でストレスとどう付き合っていけば良いですか?

タフネス先生
タフネス先生

ストレスは人生において必ずあります。

ストレスは成長、幸福、健康に不可欠です。

人生を最大限に活かすためにはストレスを求めていきましょう。

要はチャレンジしましょうってことです。

ヤタベ
ヤタベ

なるほど。

メンタルを強くするには適度なストレスと回復が必要ということですね。タフネス先生、ありがとうございました。

まとめ

本番に弱い人向けのメンタルを強くする方法について書きました。

メンタルを強くするには、

・自分の強みと弱みを理解する

・心のエクササイズ

・ストレスと回復に目を向ける

ということが重要になってきます。

みなさんも自分のメンタルについて詳しく理解し、最高のパフォーマンスを発揮していってください。

挑戦を応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました