【会社に不満がある人必見】会社への不満を解決し自分に合った働き方を見つける方法3選

life

世の中には、会社に不満を持つ人がたくさんいます。

代表的な会社への不満
・残業が多すぎる
・人間関係が嫌
・なぜあいつが上司なの?
・理不尽なことを強要される
・こんなに働いているのに給料少ない

本当にその通りで、僕も会社への不満は毎日持っていた1人です。

会社が良くなってほしいと思ったり、もっとこうなったらいいのにと思うことは自然で当たり前のことだと思います。

毎日の不満や理不尽さに我慢しながら仕事している人って多いですよね。

でも、その問題って解決できないのでしょうか?

結論:大丈夫です。会社への不満を解決する方法は大きく分けて3つあります。

(最初に言っておきます。残念ですが、僕らの不満だけでは会社は、ほぼ変わりません。変えるべきは自分自身の考え方と行動です)

✔️会社への不満を解決する方法

1.そもそも会社とは何か理解する
2.我慢して働く必要はない。自分のやりたいことを見つけ転職を考えてみる
3.自分で事業を始めてみる

早速、問題を解決していきましょう!

1.そもそも会社とは何?会社の構図を理解しよう

意外と知られていませんが、そもそも会社とは「資本家」「労働者」から成り立っています。(「いや、それくらい知ってるわ」という方は飛ばしてください)

✔️資本家

・自分のお金を元手に事業を始め、さらなる利益を生む(生産)
・自分のお金で原材料や場所、設備などを用意し、働く人を募集する
・出資した全責任を負う(責任重い)

資本家は会社が利益を出さなければ倒産し、出資したお金が戻ってくる保証はありません。このリスクと引き換えに決定権を持つことができます。

※適切なリスクの取り方についての記事→【ユダヤ人の成功哲学書タルムード】

✔️労働者

・資本家の目指す姿のお手伝い
・その対価として給料をもらう
・働いた分の給料は保証される(責任は軽い)

労働者(いわゆるサラリーマンなど)は資本家の事業をお手伝いする代わりに給料をもらいます。リスクは無く、給料は保証されるので安定しています。しかし、給料は上がりにくく給料だけでは余裕のある生活を送るのは難しいと言われています。

※お金について詳しく勉強できる記事→【学校では教えてくれないお金の勉強】

ヤタベ
ヤタベ

リスクを取ってお金を出している資本家の方がやっぱり強いですよね。そのリスクが取れないのが労働者。この構図が資本主義社会の日本の掟なのですね。学校などでは教えてくれないので、なかなか知らない方が多いのが現状です。

まずは、自分が「資本家」になるのか「労働者」として割り切ってやって行くのか理解することが会社への不満を緩和する方法の1つになります。

2.我慢して働く必要はない。自分のやりたいことを見つけ転職を考えてみよう

偉大な仕事をする唯一の方法は自分のしている仕事を愛することだ

まだそんな仕事を見つけていないのであれば探し続けなさい

立ち止まってはいけません


スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

日本では、安定のため良い会社に入って定年まで働くという考え方が一般的ですよね。

例えば、大企業に入って年収1000万以上をもらいながら定年まで働いたり、大好きな会社で働くことができれば幸せなことと言えるかもしれません。

でも、もしかしたらそんな幸運な人は一握りなのではないでしょうか?

僕も親から「安定した会社に勤めた方がいい」「やりたいことを仕事にしている人は一握りの人だ」という教育を受けて育ちました。小さい頃から、「仕事って辛いことを我慢してお金をもらうこと」「辛さに耐え続けて定年を迎える」という価値観で育ちました。

決して親のせいにしているわけではありませんが、学校や家庭では「どんな職業に就きたいか?」ばかり聞かれていて「自分がどうなりたいか?」というところに焦点が当たって無いように思えます。

その結果、なんとなく就職し、生活費のために我慢して仕事をするという人が多いのではないかと思います。(我慢が会社への不満につながっているのかも)

そんな我慢して働いている人に対して以下のことを提案したいと思います。(僕自身価値観がガラッと変わりました)

✔️我慢して働いている人への提案

・自分の本当にやりたいことを見つける(人生のミッションを見つける)
・本当にやりたいことの分野に転職する(キャリアアップ)

自分の本当にやりたいことを見つける(人生のミッションを見つける)

会社に不満がある。毎日我慢して働いている。という方に質問です。

「自分の本当にやりたいことは見つかってますか?」

これはとても重要なことで、成功者と呼ばれる人や、仕事が面白くてしょうがないという人のほとんどが「自分の本当にやりたいこと」が自分の心の中に常にあります。

人の働き方にはジョブ・キャリア・コーリングの3つのカテゴリーがある。

ジョブ・・・お金のために働くこと

キャリア・・・成長実感のために働くこと

コーリング・・・自己実現のために働くこと

イエール大学准教授 エイミー・レズネスキー

会社に不満がある。毎日我慢して働いているあなた。

自分の本当にやりたいことを見つけ自己実現(コーリング)のために働いてみませんか?

きっと素晴らしい世界があなたを待っています!

※「本当にやりたいことの見つけ方」を探すことができる記事→【本当にやりたいことの見つけ方】

本当にやりたいことの分野に転職する(キャリアアップ)

「自分の本当にやりたいこと」が見つかったあなたは実際に行動に移していきましょう。

日本では昔から、「転職は負け組」「転職しにくい社会」という風潮がありますよね。

そろそろ「なんとなく入った会社だけど居続けなければいけない」というしがらみから脱出していくことが大事なのかもしれません。

アメリカでは、1人あたり平均で10回から15回の転職(キャリアアップ)をするそうです。

ビジネス大国アメリカのようにガンガン転職(キャリアアップ)し、自分のやりたいことを実現させていきましょう!

※おすすめ転職サイトを載せておきます

まずは登録から!おすすめ転職サイト

転職エージェントに登録してしまえば、案件がメールにて送られてきます。

あとは自分に合っている案件に応募し、キャリアアップを目指していきましょう!

3.自分で事業を始めてみよう

「労働者として働くのは嫌だ。資本家としてやってみたい」

「会社への不満は自分が会社を作ることで解決する」

こんな方には自分で事業を作ることをおすすめします。(いきなり会社を辞める必要はありません。働きながら副業している人はたくさんいます)

スモールビジネス(副業)を少しずつ大きくしていくのが得策です。

事業を始めたい人
事業を始めたい人

会社に不満があり、「労働者」ではなく自分で事業をする「資本家」に興味があります。

でもリスクもあるし、怖いからなるべくお金がかからないやり方ってないのかな?

ヤタベ
ヤタベ

確かに。僕も起業するときは、お金をかからない方法で起業しました。

お金をたくさん持っていて投資できるなら良いのですが、いきなり数百万円の借金を背負うのも勇気がいりますよね。

初期投資が少ないスモールビジネスから始めるのがおすすめです。

せどり、ブログ、プログラミング、Webデザイナー、YouTubeなどがありますが本当にやりたいことについて発信したりできるブログやYouTubeから始める人が多いです。

事業を始めたい人
事業を始めたい人

ブログやYouTubeって事業になるのかな?

ヤタベ
ヤタベ

もちろん立派な事業です。

有名なブロガーやYouTuberの方はその事業だけで会社を設立したりしてますからね。スモールビジネスが大きくなるケースはかなりありますよ。

詳しく解説している記事を書いたので読んでみてくださいね!

※おすすめ副業についての記事→【学校では教えてくれないお金の勉強〜稼ぐ編〜】

※ブログの始め方についての記事→【副業ブログの始め方】

事業を始めたい人
事業を始めたい人

初期費用がほとんどかからないビジネスがあるなんて知らなかった。

僕の本当にやりたいことはこれかもしれない。

早速やってみます!

ヤタベ
ヤタベ

自分の本当にやりたいことが見つかると、その会社に無理に居続ける必要もないし、会社への不満が一気に解決しますよね。あとは自分のやりたいことを楽しく続けるだけですね。よかったです!

まとめ

今回は、会社への不満を解決する方法と自分に合った働き方について書きました。

✔️まとめ

会社の不満を解決する方法
1.そもそも会社とは何か理解する
2.我慢して働く必要はない。自分のやりたいことを見つけ転職を考えてみる
3.自分で事業を始めてみる
自分に合った働き方
1.自分の本当にやりたいことを見つける(人生のミッションを見つける)
2.本当にやりたいことの分野に転職する(キャリアアップ

会社への不満はたくさんあると思います。

でも、なかなか会社は自分の思った通りには変わってくれません。

会社を変えるというよりは、自分の本当にやりたいことを見つけ、職場を変えたり働き方を変えることの方が解決に近づくのではないかと思います。

相手が変わるのを待つのではなく、自分が変わり前進していきたいですよね!

あなたの挑戦を応援しております!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考書籍

今回の参考書籍は僕の尊敬する1人、中田敦彦さんの「労働2.0」です。

働き方について非常に参考になる1冊になっています。

これこそ、働き方改革!

コメント

タイトルとURLをコピーしました