【初心者向け】サッカーアニメ「キャプテン翼」とTheSandboxのコラボが決定【ゲームで稼ごう】

crypto-asset
副キャプテン翼
副キャプテン翼

「キャプテン翼」がメタバースゲーム「The Sandbox」に登場するというニュースを見ました。

でも、メタバースやThe Sandboxってよくわからないのでくわしく教えてください!

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容

・メタバースゲーム「The Sandbox」ってどんなゲーム?

・「The Sandbox」×「キャプテン翼」コラボ詳細について

世界の名だたるサッカー選手も大好きな伝説のサッカーアニメ「キャプテン翼」とアメリカなどで超人気のメタバースゲーム「The Sandbox」のコラボが発表されました。

いやぁ、この発表には本当に驚かされました。(あまりにも衝撃的)

何がすごいかって?それは、「キャプテン翼×The Sandbox」のゲームをプレイしてお金を稼ぐことができる(必ずではないけど)ようになるからです。

「ゲームしてお金を稼ぐ」←シンプルにすごくないですか?

例えば、東南アジア発の「Axie Infinity」というゲームでは以下のような事象が発生した模様!

  • ゲームで稼ぎ家を建てた
  • 子供のゲーム収入が親の働いた給料を超えた

「こんなことが日本でも起きるかも」と考えるとワクワクが止まりませんよね!

っていうか、日本ってアニメ大国なので、「国としてこのような領域に力を入れていけば日本再建のカギになるのでは?」なんて思ってしまいます。

話がそれてしましましたが、本記事ではそんな爆発的な可能性を持った「ゲームで稼ぐ」という部分の中から、「キャプテン翼×The Sandbox」について解説していきたいと思います。

メタバースゲーム「The Sandbox」ってどんなゲーム?

早速ですが、「The Sandbox」というゲームの詳細を見ていきましょう。

サンドボックスは分散型のコミュニティ主導のゲームエコシステムであり、クリエイターはイーサリアムブロックチェーンでボクセルアセットとゲーム体験を共有して収益化できます。VoxEditやゲームメーカーなどのサンドボックスの無料ソフトウェアを使用して、プレーヤー、アーティスト、ゲームデザイナーは、ゲーム、ジオラマ、アートギャラリーなどのアセットやエクスペリエンスを自分で作成し、他の人と共有できます。これらは、クリエイターの受動的な収入を得るために収益化することができます。

出典:The Sandbox gitbook

つまり、ゲームをプレイして稼ぐためにはプレイヤー、クリエイターになり暗号資産(SAND)を獲得します。

方法は3つあり、下記のとおりです。

  1. ゲームをプレイして報酬(SAND)を獲得する
  2. ゲーム内で自分のゲームを作る
  3. NFTを作成しマーケットプレイスで販売する

順番に見ていきましょう。

1.ゲーム内でプレイして報酬(SAND)を獲得する

The Sandbox Game Maker Alpha – New Release
出典:TheSandbox公式サイト

稼ぐ方法1つ目としては、ゲームをプレイして報酬(SAND)を獲得することができます。

ゲーム内でのクエストをクリアすることで報酬を獲得。獲得したSANDを専用ウォレット(メタマスクなど)を介して取引所に送金し、現金に変えることが可能です。

日本国内でSANDを扱っている取引所はコインチェックのみになっています

2022年7月5日現在では、PCでのプレイしかできませんが2022年中にモバイル版がUPされるとのこと!

期待して待ちましょう^_^

»コインチェックに登録する方法(無料)

2.ゲーム内で自分のゲームを作る

稼ぐ方法2つ目は、ゲーム内に自分のゲームを作ることです。(クリエイター)

The Sandbox Game Maker Alpha – Islands in the Sky by Thibault Simar
出典:TheSandbox公式サイト

動画のようにゲーム内に自分のゲームを作れるなんてとても画期的です。

プログラミング知識もいらず、かんたんにゲームを作成することができます。

まるでドラクエやFFを自分で作っているかのよう。

自分で作ったゲームをたくさんの人にプレイしてもらうことができれば収益化することができます。

3.NFTを作成しマーケットプレイスで販売する

出典:The Sandboxマーケットプレイス

稼ぐ方法3つ目は、NFTを作成し、マーケットプレイスで販売になります。

»NFTとは?

例えば、上記画像の赤枠、「Black Monster Car」は”4095.00SAND”で販売されていますよね。

日本円にすると約65万円ほどになります。(2022年7月5日現在)

仮に、このNFTをあなたが作成したとしましょう。

The Sandboxの手数料が5%なので、650,000円(売り上げ)ー32,500円(手数料)=617,500円があなたの売り上げになります。

どうですか?

ドラクエのアイテムを作って販売して獲得したゴールドが現実のお金にできるみたいな感覚です。本当に夢のような話が現実に。

ちなみに NFTを作るには「VoxEdit」を使用します。

無料でダウンロードできるので、ぜひお試しあれ!

「The Sandbox」×「キャプテン翼」コラボ詳細について

Captain Tsubasa Joins The Sandbox
出典:The Sandbox公式サイト

ここからは「キャプテン翼×The Sandbox」コラボについての詳細についてです。(キャプテン翼オフィシャルより)

  1. NFT販売
  2. LANDの開発

順番に見ていきましょう。

NFTの販売

1つ目のコラボはNFTの販売です。

現在決まっているキャラクターは以下のとおりです。

  • サッカーの申し子【大空翼】
  • 猛虎【日向小次郎】
  • SGGK【若林源三】
  • ガラスの貴公子【三杉淳】

日本発、世界でも大人気のサッカーアニメNFTですので激戦必至が予想されます。

»SAND購入はこちらから

個人的には、皇帝【カールハインツ・シュナイダー】推しなので、販売されれば絶対GETしたいですね(^ ^)

本記事を書いている時点でもワクワクが止まりません!

震えて待て!

LANDの開発

出典:The Sandbox公式サイトよりLANDの一部

LANDとは・・・上記画像のようなメタバース空間内の土地のこと。(166,464区画が用意されており、1区画(1LAND)は96m×96m)

1区画の値段は安くても1.3ETH(イーサリアム)で、日本円にすると約20万円ほどで販売されています。

現在かなりの数のLANDが購入されていて、プレミア化している区画も!

有名企業も多く参入しており、GUCCIやadidas、スクエア・エニクスやエイベックスなどもLANDを持っているようです。(LAND内で経済活動が可能になります)

「キャプテン翼×LAND」では、メタバース内でサッカー場の施設を開発中!

あくまで予想ですが、そのサッカー施設でキャプテン翼のNFTを使った試合(ゲーム)などが展開されていくのでは?なんて想像しているといつの間にか夜が明けてしまいそうです笑

あっ、キャプテン翼×The Sandboxが開始される前にSANDを購入して準備しておかなくては・・・

ゲームで稼ぐにはスピードが命!僕はゲームで稼ぐというBIGWAVEに乗り遅れたくないですからね^_^

というわけで今回は以上になります。

また新しい情報が出たらUPしていきますね。

今回も最後までのお付き合いありがとうございました。

それではまたお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました