【安全】暗号資産XYMをGMOコインからSymbol公式ウォレットに送金する方法【失敗談あり】

crypto-asset
出典:GMOコイン
XYMを送金したい人
XYMを送金したい人

GMOコインでXYMを購入しました。

公式ウォレットに送金したいのですが、誤送金が怖いです。

安全に送金できる方法を教えてください。

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容

・暗号資産XYMをGMOコインからSymbol公式ウォレットに送金する方法

こんにちは。先日華々しく委任ハーベストデビューを飾ったヤタベです^_^(まだ0ハベですがw)

昨年末になりますが、このようなツイートをしました。

ツイートの内容を深掘りすると、

  • GMOコインでXYMを購入
  • 積立ステーキングをするためにBybitへ送金

したのですが、次の日のなってもBybitでの入金が確認されず・・・

「やってしまった(セルフゴックス)」

かなり焦ったのを覚えています。

幸い、Bybitでの超面倒な手続きを経て誤送金したXYMは戻ってきたのですが、これはかなり稀なケースなはず。(Bybit様には感謝しかありませんm(_ _)m)

今回のケースでは運良く返金されたものの、他の取引所やSymbol公式への誤送金については「戻ってこない」と考えていいと思います。

話を戻すと、僕の誤送金の原因は下記画像の「メッセージ」部分が未入力だったからですw

「そりゃそうなるわ」

今思うと、何やってんだろうって感じなんですけど、使いはじめの頃は右も左もわからなくて何となく「ポチッ」っとしていたわけです。(いやこれほんとに危ない)

というわけで今回は、僕のような

  • XYMをSymbol公式サイトに送金したい(安全に)
  • XYMをSymbol公式サイトに送金したい(送金手数料無料で)
  • なんかわからないけど勢いで行動してしまう

という方のために記事を書きました。

本記事を最後まで読んでいただくと、安全にXYMを送金することが出来るようになりますのでぜひ最後までお付き合いくださいね。

暗号資産XYMをGMOコインからSymbol公式ウォレットに送金する方法

出典:Symbol公式サイト

まず、結論から言ってしまうと、暗号資産初心者が安全にXYMを送金するなら「GMOコイン」がおすすめです。

理由は以下のとおりです。

  • 送金手数料が無料
  • 何回でも無料でテスト送金ができる

順番に見ていきましょう。

送金手数料が無料

国内取引所の中でXYMを取り扱っている取引所は5つあります。(詳しくは以下の記事をどうぞ)

その中で「送金手数料が無料」になっているのが「GMOコイン」です。

ちなみに他の取引所の送金手数料をまとめると、

  • Zaif:2〜20XYM
  • bitbank:2XYM
  • フォビジャパン:2XYM

上記のようになっています。

とは言え、他の取引所での送金手数料は「2XYM」ほどですので、高いか安いかの判断はお任せします。

僕個人としては、過去の経験から必ずテスト送金をするようにしており、「何回も送金手数料を払うのはいや」なので送金手数料が無料の「GMOコイン」を使用しています。

しかし、GMOコインでは一回の送金上限が「10,000XYMまで」となっているので10,000XYM以上の大きい資金を動かしたい方にとっては不便な部分もあるかもしれません。

※あくまでも今回は、「XYMを送金したことが無い」「送金手数料は無料が良い」という方向けになっています

何回でも無料でテスト送金できる

安全に暗号資産を送金する際は必ず最低でも1回はテスト送金を行いましょう。テスト送金をおこたってしまうと僕のような送金ミスにつながってしまいますので、ここ一番の冷静力が重要です。

大事なのでもう一度。送金する際は必ずテスト送金を行いましょう!(安全に送金する方法はこれしかありません)

とりわけGMOコインでは、「送金手数料が無料」なので何回送金しても無料です。

実は、この「何回送金しても無料」という部分がものすごく重要な部分で後からじわじわ効いてきます。

☑️例えば・・・

僕の場合を例にあげてみましょう。

【目標】:10,000XYMを集めて委任ハーベストを行う

・GMOコインで1,500XYM購入→Bybitに送金(ステーキング)

・GMOコインで2,000XYM購入→Bybitに送金(ステーキング)

・GMOコインで2,500XYM購入→Bybitに送金(ステーキング)

・GMOコインで2,500XYM購入→Bybitに送金(ステーキング)

・GMOコインで1,500XYM購入→Symbol公式ウォレットに送金

・Bybitで8,500XYMのステーキングを解除→Symbol公式ウォレットに送金

10,000XYM以上なり委任ハーベスト開始!

僕の場合ですが、上記のように委任ハーベストをするまでに6回送金しています。(テスト送金も合わせると12回)

2XYM×6回×2回(テスト)=24XYM(2022年2月時点で約480円)

送金手数料が「2XYM」だとすると上記の金額がかかります。

「あれっ、大した金額じゃないじゃん」と思うかもしれませんが、XYMの価値が上がれば上がるほど「円」で払う金額も増えます。

「0.005BTC」

この数字は他の暗号資産取引所の送金手数料ですが、1ビットコインが750万円になった時の送金手数料は物凄かったですからね。

おおげさな例えになってしまいましたが、暗号資産の手数料というのは結構な注意が必要です。(僕もかなりやられました)

何はともあれ安全に送金するには「テスト送金」がとても大事!「送金する作業」が多いコツコツ派の方には送金手数料が無料の「GMOコイン」を特におすすめします。

GMOコインからSymbolウォレットへの送金方法

ここからは画像を使って実際の送金方法について見ていきましょう。

1.GMOコインにログイン→入出金→暗号資産をクリック

GMOコインにログインしたら赤枠の「暗号資産」をクリックします。

2.「シンボル」をクリック

3.「送付」をクリック

赤枠の「送付」部分をクリックします。

4.「新しい宛先を追加する」をクリック

赤枠の「新しい宛先を追加する」をクリックします。

5.必要事項の入力(重要)

さて重要部分がやってきました。入力ミスをしてしまう部分ですので冷静に入力していきましょう。

  1. 「Symbolウォレット」と入力(あなたのウォレット名称でも構いません)
  2. 「テスト」と入力(僕は本送金時も「テスト」のまま送金しました)
  3. 公式ウォレットのアドレスを貼り付ける
  4. 「登録する」をクリック

ちなみにBybitだとこんな感じになります

特に2番の「メッセージ」の部分を省略しないようにお願いします。(僕も「メッセージって何?」って感じだったので省略してしまい、送金されませんでした)

6.入力したアドレスをクリック

赤枠の「Symbolウォレット」部分をクリックします。(丸ボタンが青くなります)

7.送付内容を入力する

赤枠の送付数量を入力し、「SMSで2段階認証コードを受け取る」をクリックします。

すると、2段階認証コードが送られてくるのでコードを入力して「確認画面へ」をクリックします。

送金内容を確認し、送金ボタンを押すとSymbolウォレットへの送金が完了になります。お疲れ様でしたm(_ _)m

※何回もになりますが・・・テスト送金後本送金を行いましょう!(しつこくて嫌われても良いです。本当に誤送金は後悔します)

8.Symbolウォレットで入金を確認しよう

Symbolウォレットに入金が完了すると「クリスマス?」のような効果音で知らせてくれます。

僕の場合、GMOコインの送金入力から5分ほどで入金が確認できました。(やはりXYMは早い!)

トランザクションの詳細を見てみるとテストというメッセージ付きで100XYMが送られてきていることがわかります。

この後、同じ手順で本送金を行い、無事Symbolウォレットに10,000XYMが到着!目標の委任ハーベストに辿り着くことができました。

»委任ハーベストをするなら「Arcana」を使おう

僕の話はさておき、安全にSymbolウォレットにXYMを送金する一番の近道はテスト送金をすることです。

この作業(テスト送金)は結構面倒ですが、誤送金してからでは”時すでに遅し”です。

あなたの資産を守るためぜひ実施していただけたらと思います。

この間もTwitterで誤送金のツイートを見かけました。(僕と同じような悩みに遭遇していて残念)

これからSymbolウォレットに送金するあなたが、「この記事を読んで安全に暗号資産を送金できました」のようになってくれたら最高です。

というわけで今回は以上になります。

今回も最後までのお付き合いありがとうございました。

それではまた次回の記事でお会いしましょう^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました